障害年金で生活を守る


私達の生活は、様々なものによって「守られている」と言うことができますが、その守られている対象は「国」であったり「制度」であったり、または「市町村」であったりと様々です。人と人とのネットワークによって「守られている」と言える場合もあります。法律によって私達の生活は文字通り守られており、普通の生活を私達が送れるようになっています。

そして、様々な状況に置かれている人の支援体制も、国が整えています。その仕組みの一つが、「障害年金制度」です。言葉だけでも聞いたことがある、という方がおられるでしょう。この制度に触れる機会が無い方はあまり聞いたことが無いかもしれませんが、この障害年金制度は主に障害認定を受けている方の生活を支援する制度です。障害と言っても様々な症状が当てはまりますが、それによって労働や生活に大きな制限を受けている場合などもその支給対象になることがあります。

労働が制限されるとなると、貰える給与が変わるか0になり、生活が困難になる場合があります。そういった方々の生活や支援状態を支える、と言う役割も、この制度に含まれていることが見て取れます。基本的に、この障害年金を受けるためには、「障害を有していること」、いわば認定を受ける必要があります。認定を受けないと障害年金を受給することはできません。では、一体どうやって障害年金の申請を行うことができるのでしょうか。また、条件対象となる等級とは、どのように決められるのでしょうか。そういった点を取り上げていきます。

障害年金で生活を守る