その他申請について


障害年金制度は、その名のとおり障害を有している人の生活を支援する仕組みです。それぞれの症状に適応した等級が認定されることにより、申請し、受領されれば年金の受給を受けることができます。等級には、生活や労働が困難になっている状態という一つの基準があります。症状によっては職業の制限を受けることが多々あるでしょう。また、生活そのものに支障が出る場合もあります。それらのことを鑑みて、等級は総合的に判断されます。

主に3つに分類された障害年金は、どちらにしても申請を行わなければ受給できることはありません。きちんと役場や年金事務所に申請を行うことが必須です。もし本人が年金の申請などが難しい場合、家族などが代理で行うこともできますが、その場合本人がそれを認めているという委任状や、本人の印鑑が必要になります。

本人確認できる書類に関しては、運転免許証や身体障害者手帳は一つで事足りますが、保険証や年金手帳、印鑑証明書などはそれらを組み合わせて2つ以上の証明書が必要になる場合があります。

私達は誰一人、公平で豊かな生活を望んでいます。それは、どんな状況にある人も同様です。これからより私達が豊かに暮らせるような、制度や仕組みが確立されていくことが願われます。

その他申請について